ホーム > プロジェクトケース > プロジェクトケース17 山武市太陽光発電システム設置建設工事
プロジェクトケース

プロジェクトケース17
山武市太陽光発電システム設置建設工事

プロジェクトデータ

顧客名
合同会社 開発31号
所在地
千葉県山武市木原大谷2293-1
工事名
山武市太陽光発電システム設置建設工事
生産品目
電力
完成時期
2018年8月
機器数
発電出力 1.0 MW (設備 175 W x 6272 枚)

このプロジェクトに関連する記事

山武市太陽光発電システム設置建設工事

千葉九十九里浜を望む、日照条件の良い山武エリアにメガソーラー(1.0 MW)建を建設

固定価格買取制度(FIT)を背景に拡大している再生可能エネルギー。その1つである「太陽光発電設備」を、千葉県山武市にある3.9haの用地に建設しました。造成工事は7.2万m3 。

JR千葉駅から総武本線に乗って約40分の日向駅、そこから800mの場所にある山林を伐採・造成し、太陽光パネルを6,272枚設置。6.6kV高圧連系にて送電しています。

周辺は、住宅地や学校が点在しており、騒音や児童の安全面から残業や休日・祝日の作業は全面的に制限される条件の中、2018年8月に試運転を終了。無事送電を開始しました。

DJI_0040.jpg IMG_1496.jpg
ドローンで撮影

太陽光パネル

山武杉の伐採工

大きいもので樹高25m~30mはある山武杉を、順次伐採し、現地で定尺に切断後、搬出しました。 

この杉は、工場で燃料用チップや家畜の寝床などに敷く「おが屑」に加工され、再利用しています。

DSCF0323.JPG
伐採中の山武杉
IMG_0410.jpg
重機を使って伐採
DSC_4035.jpg
搬出

造成工(7.2万m3の切土・盛土作業)

伐採後の造成作業中、ただでさえ水はけの悪い粘土層を処理中に季節はずれの大雨や爆弾低気圧の風雨に苦しめられましたが、仮設溜池や地盤改良を施工することで、無事完了することができました。

【空撮:造成工作業の様子】

2017.12.16.jpg aDJI_0090.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像 DJI_0063.jpeg

12月16日

1月16日 2月14日
DJI_0396.JPG DJI_0657.JPG DJI_0765.jpeg
5月2日 6月22日 7月4日

太陽光パネル設置工(6,272枚)

造成工事の遅れを取戻すため、北側工区から杭打ち・架台組立・太陽光パネル設置を行いました。

造成の進行に応じ、南側工区の作業も迅速に進めることができました。

【太陽光パネル設置の様子】

IMG_1222.jpg IMG_1223.jpg 071105.JPG
7月4日 -1 7月4日 -2 7月11日
IMG_1361.jpg DJI_0930.JPG DJI_0949.jpg
7月31日 8月4日 8月10日

電気工・調整および使用前試験

PCSは50kW x 20台で構成されています。絶縁耐圧試験は、発電の無い夜間に行いました。

全負荷・部分負荷の使用前試験を完了し、8月23日より連系へ送電開始しました。

【電気工事・調整及び使用前試験の様子】

IMG_1207.jpg 071117.jpg IMG_1310.jpg
6月27日 7月11日 7月18日
IMG_1339.jpg IMG_1466.jpg IMG_1528.jpg
7月25日 8月10日 8月16日
ページ上部へ戻る
ページ上部へ戻る