ホーム > 技術紹介 > 固着閉塞物除去技術 トルネード工法
技術紹介【メンテナンス】

固着閉塞物除去技術 トルネード工法

配管内の閉塞物を確実に除去

高圧水を用いて配管内の固着閉塞物を除去できます。

特長
  • 特殊ノズルによる高圧ジェット水噴射により、固着物、閉塞物、ライニング材、塗装材を除去可能です
効果
  • 配管内の閉塞物を除却できます
主な用途
  • 固着物により閉塞している配管、熱交換器、加熱炉チューブ等のクリーニングに適用できます
仕様
  • 特殊ノズルを用いての高圧ジェット洗浄
ページ上部へ戻る

トルネード工法(ドイツで考案された工法)は、特殊な洗浄ノズルから高圧水を噴射し、配管内部を洗浄する工法です。
特に、配管内部に固着(閉塞含む)した強固な物質を除去(剥離)洗浄する事に適しています。
一般的な高圧洗浄と比較し、固着物を均等に除去する事ができ、しかも閉塞物の除去も可能です。
また、曲がり部を持つ配管への適用も可能です。
本工法による配管洗浄は、地熱発電所,温泉設備,上下水道等で幅広い実績があります。

曲がり部の洗浄・・・178R(25ODのU字管)以上の曲がり部であれば、完全閉塞であっても通貫洗浄できます。178R(25ODのU字管)以下の曲がり部の場合、両方向から洗浄する事で、曲がり部の固着物を除去洗浄できます。

特殊洗浄ノズル・・・配管内部の状態(物質の固着状態)に応じたノズル選択が可能です。特に、口径が大きな配管洗浄,完全に閉塞した配管洗浄では、ノズルキャリパーを使用する事で、洗浄能力を高める事ができます。

均一な除去洗浄・・・洗浄(剥離)状態に応じ、耐圧ホースの回転速度を変える事で、均一な除去洗浄を可能となります。 高圧水には工業用水だけを使用するため、薬剤を使用した工法と比較し臭気がありません。 また、洗浄後の後処理も容易である事から対環境性に優れた工法です。


装置構成・仕様

0

一般配管 - モルタル除去結果 [ 洗浄前と洗浄後 ]

一般配管 - イオウ除去結果 [ 洗浄前と洗浄後 ]

ページ上部へ戻る
資料請求・お問い合わせ
ページ上部へ戻る