ホーム > 技術紹介 > 配管内外面研掃技術-ショットラン工法
技術紹介【メンテナンス】

配管内外面研掃技術-ショットラン工法

旋回気流に乗せた研掃材による配管内外面のクリーニング

水を使わずに旋回気流に研掃材を乗せて、配管、熱交換器チューブ、加熱炉ラジエーションチューブ、コンベクションチューブ等の内外面の汚れを短時間で除去

特長
  • 圧縮空気に研掃材の混合体を旋回気流に乗せて、クリーニング被研掃体を傷つけないで、奥深く洗浄可能
  • 一部研掃材は再利用可能
  • 禁水部のクリーニング可
  • 写真は加熱炉コンベクション部のスタッドチューブ(管外面に鋲がついたもの)がスケールで閉塞したもの(左)をショットラン工法にて除去(右)したものです。
効果
  • 水を使わないので禁水部でも短時間にクリーニング
  • 熱交換器の千鳥配列チューブの外面もきれいにクリーニング
  • 配管、チューブの内外面を問わずクリーニング可能
主な用途
  • 検査用下地処理 ・禁水部 ・長尺配管 ・エアフィンチューブ外面
  • 配管、熱交換器、加熱炉チューブの内外面 ・軟質材配管
仕様
  • ブラスト洗浄
ページ上部へ戻る

特徴

  1. 対象設備の材質によって、研掃材を選定し母材に傷をつける事はありません
  2. 作業員が入れない狭いスペースも、特殊ノズルにより施工可能です
  3. 作業員による手元スイッチの操作が可能ですのでブラスト作業が安全です。
  4. 防塵対策として、少量の水を使用する事もできます

ショットラン実施による加熱炉コンベクションチューブ状況 [ 施工前と施工後 ]

ショットラン工法 - 下部 [ 施工前と施工後 ]

ショットラン工法 - 中段 [ 施工前と施工後 ]


同石油会社での従来工法との比較

ページ上部へ戻る
資料請求・お問い合わせ
ページ上部へ戻る