ホーム > 技術紹介 >  配管保全技術 > インテリジェントピグ検査システム(MFL)
技術紹介【メンテナンス】

配管保全技術 - インテリジェントピグ検査システム(MFL)

配管内外面の欠陥を経済的に短期間で確実に検知

漏洩磁束方式(MFL)を用いて配管の内部から内外面の欠陥を検知可能です。

特長
  • 長距離パイプラインを短期間に効率よく検査可能
  • 配管内が満液であっても、空管であっても検査可能
  • 内外面の欠陥の位置と大きさ、深さを精度良く判定
効果
  • 補修方法も当社にてリコメンドし、検査から補修まで一括で対応可能(内面ライニング、入管補修)
主な用途
  • 埋設配管、海底配管をはじめ、検査を行う上で、付帯工事費が過大となる配管
  • 検査期間の限られた長距離配管 
    6~56インチの配管であれば内外面検査に適用可能
仕様
  • ピグ検査機(PII社製)
  • 仕様(機器性能) 深さ±0.1t/長さ±10mm/位置±0.2m/曲がり1.5DR
プロセス・方式
  • 洩磁束方式(MFL)、超音波方式(UT)のいずれかを目的、条件に応じて、使い分けます。事前にヒアリングを行い、最適な手法を提案します
ページ上部へ戻る

MFL検査機の特徴

  1. ピグに装備した磁化装置で配管を局部磁化させ、軸方向の磁束を発生させ、腐食からの漏洩磁束をセンサーで検知、計測させ検査を行います。
  2. 磁力の異なる2つの磁化機を使い漏洩磁束を計測することにより外面、内面の腐食 を区別して計測できます。
  3. データは絶対値ではなく、元々の配管肉厚に対する%で表示されます。
  4. 80%以上の減肉がある場合は測定時に速報を提示し、データの解析、報告書提出 には30~40日を必要とします。
  5. 減肉個所を正確に検知することができます。
  6. 比較的ラフな配管内部洗浄で計測することができます。
  7. 流体はガス、液体どちらでも計測可能です。
Picture supplied by PII Pipeline Solutions.

 

ページ上部へ戻る

この技術に関連する記事

ページ上部へ戻る