ホーム > 技術紹介 > デンスローディング-触媒高密度充填技術
技術紹介【メンテナンス】

デンスローディング-触媒高密度充填技術

触媒交換工事における窒素雰囲気内の作業

35年以上無事故の実績を誇るイナートエントリー技術

製造設備における反応塔内の触媒を安全かつ安価、また短期間にて抜出、再充填実施可能です。

特長
  • 35年以上無事故の実績を誇る独自開発・改良装備を使用したイナートエントリー技術

  • イナートガス雰囲気下で触媒スキミング及び抜出を短期間にて実施可能

効果
  • 触媒の高密度充填かつ均一な充填
主な用途
  • 酸欠環境下での触媒スキミング及び抜出作業
  • 触媒の高密度かつ均一充填
仕様

CEC式キャットフィーダー
φ445×960mm、70kg

  • 適用可能反応塔径1~5m
  • 充填面の最大高低差±200mm(リアクター内径4mの場合)
  • 低い触媒の粉化率0.2%程度(マシン実験時の数値であり触媒の強度により異なる)
  • 充填速度8~22m3/hr(リアクター径1~4.5m)
  • 充填密度10~16%増(対ソック充填)(※リアクター径・高さ、触媒種類・形状等により異なる)
ページ上部へ戻る
catalystloading.jpg
 

 

ページ上部へ戻る
資料請求・お問い合わせ
ページ上部へ戻る